Android用囲碁AIアプリ『Baduk AI』

皆さん、こんにちは。 関西棋院棋士の星川愛生です。
古典詰碁の記事が続いたので、気分を変えて
今回はAndroid用の囲碁AIをご紹介します。

Baduk AI」はAndroid用のアプリで製作者のAndreas Kirmseさん曰く
Androidで最初にKatagoをネイティブ実装したとのことです。
なので、特に設定しなくてもKatagoの10bと20bが使えます。
企画『ハードが違うと囲碁AIはどう変わる?』ではスマートフォン側のAIとして使わせてもらいました。

インストールですが、Google Playからはこちら
また、こちらのページ
からそれぞれダウンロードできます。

Screenshot_20210731-194731.png
このような画面になります。
日本語と英語はお好みで選べます

Screenshot_20210731-195040.png
右上の「」から細かい設定ができます。

Screenshot_20210731-214300.png
対局中はこのような画面になります。
下の棒グラフは形勢を表していて、緑のラインが五分の状態となります。
碁盤の方は見慣れた画面ですね

因みに40bのものはこちらからダウンロードできます。
拡張子が「.bin.gz」のものと「.tflite」と両方ダウンロードしてください。

スマホならAIと気軽に打てるのが良いですね🎵
ただCPUをフルに使うので筐体が熱くなるのと電池がかなり減ってしまいます💧
機種にもよりますが、1局打ち終わると20~30%減るので充電可能な場所で使った方が良いですね…

それと
対局の時に置碁対応していない
石音などの音が出ない
2点が気になりました。

置碁は白がパスをして擬似的に置碁にするか、
事前に置き石を配置したsgfファイル(棋譜のファイル)を読み込む方法で代用は可能です。
しかし、音が出ない問題は解決不能でした。
そこが唯一の不満点でしょうか?

それでも無料でここまで強いAIを使えるのはありがたい❗

後、19路だとタブレットの方が快適かも知れません。
なのでXiaomiの「Mi Pad 5」が発売されたら購入する予定です。
Snapdragon 870搭載とのことなので楽しみにしています





次回は2021年8月9日(月)に更新予定です。
内容は未定です。

このブログ以外にも面白いブログが
のリンクから見れます

br_c_3142_1.gif






この記事へのコメント

2021年08月09日 00:07
こんにちは。
私もついにアンドロイド端末購入してBadukAI入れました。
移動先でも自分の打った碁の検討ができるのはいいですね。
MiPadのレビュー楽しみにしてます
まなぶ三段
2021年08月09日 20:15
コメントありがとうございます。
個人的にネット碁を打つより気兼ねなくて重宝しています。
検討も出来ますしね。
タブレットならクリミスもなくなるのが嬉しいです。
Androidタブレットも新製品の噂が複数のメーカーからあって
これから盛り上がりそうです(*´∀`*)

プロフィール

名前
星川愛生
誕生日:
6月19日
性別:
職業:
囲碁棋士
一言:
古典詰碁と囲碁AIに力を入れてます。

自作パソコンが趣味で機械系には割と強いかも?

最近はVTuberにハマっています(笑)

カテゴリ